求める人物像 社員紹介 島貿易を知る 新卒採用 採用までの流れ キャリア採用

HOME > よくある質問

よくある質問 FAQ

会社全般について

仕事について

採用について

配属・評価・福利厚生について

教育・研修・資格について

01 会社全般について

ページTOPへ

社風はどんな感じですか?

一言で言って自由に意見を言い合える伸び伸びとした会社です。上下の風通しを良くするために3名〜5名で編成されるチーム制をとっています。チームのリーダーにはかなりの権限が与えられているので意思決定がスムーズに行われています。組織は極めてシンプルになっており、チームリーダーの上司は部門長となるので意思の伝達は早く、審議が必要なことについては担当役員を通じ経営会議で取り上げられることになります。

全社員で情報を共有できるシステムや体制

当社では社内LANの中で全社員が各種情報を共有できる社内イントラネットを構築しています。具体的には社員の外出簿、会議室の予約システム、海外出張一覧表、環境ISO14001マネジメントマニュアル等について情報の共有を行っています。今後ますます社内イントラネットの利用は広がっていくでしょう。

事業部門別の社員数

当社は第101期より組織の見直しを行いエリア制から本部制へと移行しました。平成24年10月1日現在の各本部の人員は、営業部門:営業第一本部38名、営業第二本部40名、海外事業本部27名、新規事業開発室3名、管理部門:管理本部30名となっています。

会社主催のイベント

毎年7月に創立記念日の式典を行い、永年勤続者の表彰を行っています。

02 仕事について

ページTOPへ

営業系の仕事において、一日のうち平均で何時間外出していますか?

営業部門によって外出時間は異なります。例えば、輸出業務がメインの部門では、外出は必要に応じて仕入先を訪問する事以外にあまりありませんが、定期的に輸出先への海外出張を行っています。また、国内取引がメインの部門では、日中は取引先廻りを行って、夕方になると事務所に戻ってさまざまな対応に追われています。

営業で求められるスキルは何ですか?

あらゆる手段を講じて顧客のニーズを素早く把握し、それに対応するシーズを見つけ顧客を満足させる素養を身につけること。

チームリーダーには最短何年でなれるのでしょうか?

当社では前向きに仕事に取組む社員に対して、更に責任のある仕事を任せていきます。その時の組織の構成にもよりますが、入社9年目でチームリーダーになった社員が過去最短となっています。第101期から組織の見直しも行っており、今後はもっと早い段階でチームリーダーになる社員も出てくるものと思われます。

海外勤務について教えて下さい

現在7名の社員が海外に駐在しています。海外では事業所全体のマネジメント業務がメインとなりますので、まずは国内でさまざまな実務経験を積み、本人の希望や事情を踏まえて専門性・経験・語学力等から総合的に判断して海外勤務を決定します。

03 採用について

ページTOPへ

学部卒と院卒、専攻、学歴の違いによって、選考に有利・不利がありますか?

学部・学科による有利・不利はありません。大切な事は、どの学部・学科に在籍していたかではなく、大学時代に何に挑戦し何を学んできたかであると考えます。当社は化成品が主力商品となりますので理系学生にも活躍の場が必ずあります。参考までに当社の営業職のうち43%は理系出身者となっています。

会社説明会参加は選考において必須ですか?

会社説明会では選考試験の一部であるエントリーシートの記入と一般常識テストを行いますので説明会の参加は必須となります。まずはリクナビからエントリー、会社説明会への参加申込を行って下さい。

会社パンフレットは頂けますか?

会社パンフレットは個別には配布しておりませんので、会社全般・採用に関する情報は当ホームページを参考の上、企業研究などにご利用下さい。また、会社説明会に参加頂いた学生の皆様へは会社パンフレットをお渡ししています。

OB・OG訪問をしたいのですか、紹介してもらえますか?

学生の皆様に対する対応を公平にする為に本社総務部からのOB・OG紹介は行っておりませんが、会社説明会などのタイミングで社員の話を聞いて頂く機会を設けますので、それまでお待ち下さい。

選考の際、英語力はどの程度重視されますか?

選考では、TOEIC○点以上、TOEFL○点以上、英検○級以上などのハードルは設けていません。但し、商社ではさまざまな方とのコミュニケーションが必要となりますので、英語に興味があることは必須となります。流暢に英語を話せることは大切ですが、英語はあくまでコミュニケーションのツールであり、重要なことはそれをいかに使いこなしてビジネスの成功につなげて行けるかということだと思います。

04 配属・評価・福利厚生について

ページTOPへ

可能性のある勤務地について教えて下さい

入社後の勤務地としては、東京支店、大阪支店、名古屋営業所のいずれかとなります。将来的には本人の適性や希望を踏まえ海外拠点での勤務の可能性もあります。

配属や勤務地の決定方法について教えて下さい

各部署の人員配置状況や各人の適性や専攻などから総合的に判断し、配属や勤務地を決定します。

評価制度について教えて下さい

当社では役割の大きさや職務内容に基づき等級を設定し、役割の違いを明確にした役割等級制度を取り入れています。それぞれの等級には必要とされる役割基準が定義されており、その役割基準に基づき評価が行われます。この評価結果は全社員へフィードバックされ、何が強みで何が不足していたのかを明確にし、社員の能力向上に活用されています。

保有・提携している保養施設はありますか?

当社が保有している保養施設はありませんが、法人メンバーとなっていますダイワロイヤルの全国28施設のホテルを利用することができます。また、当社が加入している東京薬業健康保険組合の保養所も利用することが可能です。

寮や社宅について教えて下さい

独身寮は入社時の採用地に通勤可能な持ち家のない独身社員が入寮することができます。転勤者社宅は転勤を伴う異動をした社員が入居しています。いずれも借上げとなります。

05 教育・研修・資格について

ページTOPへ

入社前に勉強しておく事はありますか?

まずは卒業研究、卒業論文をしっかりと行って下さい。英語の勉強を継続しブラッシュアップを図って下さい。新聞(できれば日経)も読むことが習慣となるように、更にダイヤモンド、東洋経済などのビジネス雑誌にも目を通すようになれば、今まで見えていなかったさまざまな業界の企業の動きが見えてくるようになると思います。

新入社員研修について教えて下さい

入社後、東京支店と大阪支店にて新入社員研修を行います。外部での新入社員セミナー(一般常識、電話対応、仕事の取組み方、基本的なマナー等)、会社全般(会社組織、部門概要、各種規定、人事制度、給与制度等)、取引の基礎実務(国内・輸出・輸入取引のフロー)、ISO14001環境マネジメントシステム、会社の教育体制についてなどさまざまなことを学んで頂きます。

入社後の教育制度について教えて下さい

当社は社員への教育に力を入れています。全社員に対し能力開発プログラムの案内を行っており、部門長からの指示あるいは本人からの申請によりさまざまなプログラムを受講することができます。具体的にはビジネス一般、管理者研修、ビジネス専門、国際ビジネス実務、パソコン関係、語学研修など約50種類のプログラムがあります。

ジョブローテーションについて教えて下さい

当社では定期的なジョブローテーションは行っていませんが、部門長など上長との日頃からのコミュニケーションの中で本人の希望について話し合い、今後のジョブローテーションの参考としています。当社では他部門に異動する事だけがジョブローテーションとは考えていません。同じ部門の中でも担当ユーザー、担当商品の変更もジョブローテーションの一環であると考えます。